記事一覧

防音対策と工事

防音室

ピアノなど大きな音を出す楽器使用や、シアタールームを設置したい場合には防音工事が重要である。防音室を作成する場合、どの程度の音対策を行うかで、コストや工期が異なってくる。業者によっては事前調査などもしてもらえるため、確認すると良い。

詳しく見る

希望に合う対策を

リフォーム

吸音と遮音の特徴

防音とは音の響きを防ぐことですが、これには大きく分けて吸音と遮音の2種類があります。吸音とは音を吸収することで、遮音とは音を跳ね返すことです。それぞれ効果や必要となる材料が異なっているので、自宅などで防音対策をする際には、より適した方を選ぶことが大事です。具体的には、吸音効果のある素材には、樹脂やガラスを細かく泡立てて固めたウレタンフォームやグラスウールなどがあります。音は空気を震わせながら周辺へと響き渡るのですが、これらを壁などに設置しておけば、空気が細かな泡の中に閉じ込められ、震えにくくなります。つまり振動そのものが弱まるわけですから、その分響く音は小さくなるのです。また遮音効果のある素材には、石膏や金属のボードがあります。これらは空気を通さないので、設置しておけば空気の震えは跳ね返ります。振動自体がそこで遮断されるので、その先には音は響きにくくなります。しかし跳ね返るということは、音の発信源へと戻るということです。そのため遮音素材で部屋を囲んでおくと、内部では音が反響することになります。したがってこの防音対策は、部屋で静かに過ごすことを希望する人には適していません。逆に、音楽鑑賞などで、周囲に迷惑をかけることなく大音量を楽しみたいという人には、非常に適していると言えます。このように防音対策には2通りあるので、まずはそれぞれの特徴をしっかりと確認しましょう。業者に相談すれば、各素材のサンプルで実際に防音効果を確認させてもらえます。

施工の範囲と方法次第

女性

防音工事にかかる費用は、範囲と方法とで決まってきます。範囲が広いほど、そして手間が多くかかるほど、費用は高くなるのです。数万円で済むこともあれば200万円ほどかかることもあるので、希望に合わせて範囲や方法を選ぶことが大事です。また業者によっては、モデルルームで効果を確認させてもらえます。

詳しく見る

住宅への音対策

リフォーム工事

一戸建て住宅などにおいて防音対策を行う場合には、サッシなどに対し簡易的に行う対策や、屋根や壁などに対し本格的に工事を行う対策がある。これらの防音工事では、工事内容により費用が大きく変わるため、費用と効果の検討がポイントである。

詳しく見る

完璧なものが造れる

女性

防音室は専門業者に造ってもらいましょう。そうすれば完璧なものができます。例えば楽器演奏をしたり、ペットの吠える声がうるさかったりする場合に工事をすると安心です。もちろん、既存の家でも防音室に変えることは可能です。

詳しく見る

自宅で楽器を練習する

楽器

自宅で楽器の練習をしたり、シアタールームを自宅に作る場合には、防音工事が必要になります。防音工事は床・壁・天井のすべてにわたってリフォームする必要があるので、その住宅の構造をよく理解している、住宅メーカーの紹介による業者がお勧めです。

詳しく見る