記事一覧

防音対策と工事

防音室

出す音による対策

住宅において、近所を気にすることなく音を鳴らしたいことがある。例えば、ギターやピアノなどが趣味である場合や、シアタールームを自宅内に設置したいといったケースがある。これらの大きな音を発する楽器や機器を導入した場合、防音対策を行うことは重要になる。防音対策を行っていないと、多くのケースでは自宅外に音が漏れてしまうことになる。特に住宅の密集している都市部などにおいては、音が漏れることで近所迷惑になったり、近隣トラブルのもとになるケースもある。トラブルなどを防ぎ、気にすることなく大きな音を出したい場合には、防音工事を実施し防音室を設けることが必要になる。防音室を設置する場合、どの程度の防音対策を行うかにより予算や業者選びなどが異なってくる。簡易的な防音室では、サッシなど音が漏れやすい場所にのみ対策を行うということがある。しかし、大きな音も完全に防ぎたい場合には、防音用のウレタンなどを壁や天井の中に入れ込むなどの作業が必要になる。これらについては、より強固な防音対策を行うほど、工事にかかる時間や費用が大きくなる。そのため、どの程度の音を鳴らすかなどを加味しながら、防音室の工事内容を選んでいくことがポイントである。また、防音室の工事をする業者においても、本格的な工事に対応する業者や簡易的な防音対策のみ対応している業者がある。さらに、業者によってはどの程度の対策が必要かを事前に検証してもら事もできる。