記事一覧

完璧なものが造れる

女性

既存住宅でもできる

子どもにピアノを習わせることになり、自宅にピアノを購入したという家庭で悩む点は、周囲への騒音対策です。ピアノといえば優雅な音色で心地よく感じられる楽器ですが、それが長時間続くとなれば騒音に感じる人も居ることでしょう。それに、元々、音に敏感な人にとってはちょっとした音でもうるさく感じられてしまうものです。そこで、防音室を造ることをお勧めします。既存の家でも防音室を造ることは可能です。まず、専門業者に相談してみましょう。いわゆるリフォームという形になることから、リフォーム会社で工事を請け負っていることもあります。最寄りのリフォーム会社で防音室造りもしているかどうか、まずは確認してみるといいかもしれません。もちろん、これから家を建てるというのなら、最初から防音室を造ってしまいましょう。楽器演奏の予定があったり、吠える犬を飼っていたりするのなら、防音室を造っておいた方が安心です。とりあえず、一部屋だけでも音が外へ漏れないような部屋があると重宝することでしょう。また、既存住宅の場合には、壁や床などに防音対策となるような材料を入れることになります。一部分だけに入れるので、それほど大掛かりな工事になるわけではありません。音を外に漏らさず、吸収するような材料を入れれば、その部屋でなら思い切り楽器の演奏ができます。何よりも、専門業者に依頼することで完璧な防音室を造れるといったところが人気です。引っ越しを考えている人も、防音室があるかどうか確認してから部屋を決めるのもいいかもしれません。