免疫力を高めるには日頃の生活が重要【栄養補給でしっかり高めよう】

女性

オメガ3の驚異的な力

医学業界も注目する効果

油

脂肪はもともと生命維持のために必要なもので、その元となるのが脂肪酸です。脂肪酸は、その構造からオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、オメガ9脂肪酸に分類されますが、青魚の脂肪に多く含まれるEPAやDHA、えごま油などに含まれるa-リノレン酸などはオメガ3脂肪酸に含まれます。これまでオメガ3脂肪酸は、コレステロールの低下や血流の改善など、おもにメタボ体質の改善や美容効果ばかりが取り上げられてきましたが、医学業界では以前より、様々な病態の炎症抑制作用があることがわかっていました。そのメカニズムについては謎の部分が多いものの、皮膚や内臓のアレルギーを抑制する効果が証明されており、今後はオメガ3脂肪酸を用いたアレルギー疾患の治療が進むものと予想されます。

摂取するさいの注意点

オメガ3脂肪酸は体内で生成することができない必須脂肪酸であり、食べ物などから摂取して補う必要があります。脂肪燃焼、血流改善、コレステロール値の低下、アンチエイジングやうつ症状の軽減など、オメガ3脂肪酸には様々な効果が期待されており、サプリメントも多数商品化されています。EPAやDHAには血液をサラサラにする効果がありますが、元が脂肪なので、過剰な摂取はかえって体内脂肪を増加させ、逆の効果が出てしまいます。またa-リノレン酸については、やはり必要以上の摂取でエネルギー過剰となり、肥満につながることもあります。オメガ3脂肪酸は熱に弱く、酸化しやすい性質があります。摂取のさいには新鮮なものを選ぶこと、サプリメントの場合は酸化抑制が施されているものを選ぶことが必要です。