記事一覧

住宅への音対策

リフォーム工事

対策内容と効果

一戸建て住宅などにおいて、室内の音を外部に漏れないようにするためや、外部の音が宅内に入り込まないように防音対策を実施したいことがある。防音対策では、いくつかの方法があり、その方法によりかかる予算や防音の強度が変ってくる。簡単に行える防音工事としては、音が外に漏れる場所や外部から入り込む隙間を埋めるという方法がある。音が外に漏れたり入る場所として大きい箇所に窓のサッシがあるが、サッシに対して対策を行うことで防音対策とすることができる。気密性の高いサッシに取り換えることや、より強化するためには二重サッシに取り換えを行うことで音漏れを防ぐことが可能になる。より本格的な防音対策を行う場合には、どの場所から音漏れが起こるかを正確に調査しその場所への対策を行うことである。音漏れしやすい場所に対して、防音シートを壁の中に入れ込むなどの工事がある。これらの工事を行うことで、室内の音を完全に漏れ防止できたりすることができる。防音工事では、工事内容により多くの費用が掛かるケースがある。特に家全体に対する工事では、建物の屋根裏や壁などに対する工事が必要になるため、費用が大きくかかる。その為、どの程度の対策を行うかの検討と事前の費用確認がポイントになる。外部の騒音への対策で防音工事を行う場合には、その要因により助成を受けられるケースがあるため、それらの活用も有効である。特に空港など公共施設による騒音対策では、自治体による助成対象であることが多い。