記事一覧

施工の範囲と方法次第

女性

防ぎたい音のレベルを確認

業者に防音工事を依頼した場合にかかる費用は、施工範囲と施工方法によって大幅に異なってきます。当然、施工範囲が広い方が費用が多くかかることになります。たとえば4畳半の部屋で、床にのみ防音材を取り付けるという施工の場合、費用は数万円程度で済みます。しかし10畳の部屋で、床に加え壁や天井にも防音材を取り付ける場合には、50万円ほどの費用がかかるのです。また防音材は、床や壁などの表面に取り付けるのではなく、床板などをいったん剥がして、内部に詰めることも可能となっています。よりしっかりと音の響きを防ぐことができるのですが、板を剥がす作業や防音材を入れる作業、板を元通りに取り付ける作業をすることになるので、手間も時間も多くかかります。それが費用にも反映されるので、このタイプの防音工事は1室につき200万円前後かかることが一般的です。しかし基本的には、費用を多くかけるほど、高い防音効果が期待できるようになります。内部でギターやドラムの音を強く響かせても、室外にその音が一切漏れないという状態にすることも可能なのです。そのため業者に防音工事を依頼する際には、まずは自分がどのくらいの防音効果を望んでいるのか、しっかりと考えることが肝心となります。響かせたくない音のレベルを把握し、それに合わせて施工範囲や施工内容を選ぶのです。中にはモデルルームを有している業者もいて、そこに行けば、実際の効果を耳で確かめることができます。より適切な施工依頼ができるため、そういった業者は特に評価されています。